胡蝶蘭とは

お店がオープンした時や、上司が昇進したりする時などに、胡蝶蘭が送られてきて店頭や職場に飾られているのをよく見かけます。
胡蝶蘭は贈り物としてとても適した花です。
見た目が華やかなため、飾るとそれだけで一気に場が明るくなります。
鉢で送られてくることが多いですから、きちんと手入れすれば長持ちもします。
長いものは満開になるまで2ヶ月花が咲き続けます。
そして、花言葉も贈り物にとても向いている「幸福の飛来、幸せが飛んでくる、あなたを愛しています」というものです。
このように、胡蝶蘭は見た目も花言葉も贈り物としてとても適している花なのです。

贈る側からしても、高級な花のイメージのあるものですから場違いになったり失礼になることはないと考えられ安心して贈れるものの一つです。
趣味があるものだと贈っても気に入ってもらえないこともありますが、花を贈って嫌がられることはあまりないため、贈る方も楽な気持ちで贈ることができます。
価格も高級な花なため他のものに比べると高めの設定がされていますが、お祝いでの贈り物としては適切な価格と言えます。
また、受け取る側にとっても、飾ることで箔がつきますし、しばらくの間楽しむことができます。

そこで、ここでは、胡蝶蘭を贈る時のポイントを紹介します。
せっかく贈るなら喜んでほしいものですから、贈る時に気をつけるべきこと、シーズンや長持ちする花の選び方、育て方などについても紹介していきます。